• 湯船に足
    1980年代に誕生した作品
  • 黒ハイヒール
    幼い女の子の特徴
  • チェック水着
    エロ動画作品

歴史のあるエロ動画作品の特徴
現代に生きる私達はたくさんのエロ作品の中から自分の好きなジャンルの作品を選んで楽しむことができるようになっています。たくさんのエロジャンルの作品の中でも特にファンが多いと言われているのがアダルト動画作品です。日本のエロ作品の数は世界で一番大きいと言われており、ロリータや熟女や女子高生などたくさんのジャンルの作品が存在しています。
近年こそたくさんのジャンルがあり、インターネットなどでも簡単に鑑賞して楽しむことができるエロ動画作品なのですが、元々は簡単に楽しむことができるものではありませんでした。エロ動画作品は1970年台にはすでに世の中に存在しており、当時から多くの男性に好まれていたものだったのですが、今のように気軽に楽しむことができるものではありませんでした。
1970年代当時はエロ動画作品はあってもまだAV(アダルトビデオ)は存在していませんでした。ではどうやってエロ動画作品を見ていたかというと、当時は専門に上映する映画館が存在しており、その中でアダルト動画を楽しむのが一般的でした。映画館なのでもちろん他の男性客も存在しており、一人でオナニーをしながら楽しむことは出来ませんでした。

男性が一人でオナニーを楽しみながらアダルト動画作品を見ることができるようになったのは1980年代からです。1980年代になると、ようやくAV(アダルト・ビデオ)の発売が開始され、多くの人に愛される作品になっていきました。ただ、当時は作品のジャンルの数も少なく女優も今ほどたくさんの女優が存在しているわけではありませんでしたので、自分の好みを選別して楽しむことはできませんでした。
また当時は今のように規制が緩いわけではなく、作品内容も厳しい規制がされていました。日本ビデオ倫理協会という映像作品の内容を管理する団体が決めていたルールでは、3分間以上連続で行われるセックス描写を描くことは厳しく禁止されていました。そのため、現在のように自由に作品が作られているわけではなく、多くの人がある程度我慢して作品を見るしかありませんでした。
しかしこの規制も時代とともに変わってきており、現代ではたくさんのジャンルの昨日員が存在しており、規制もだいぶ緩くなってきています。近年では作品をもっと面白くするための工夫がされており、ブルーレイディスクで発売することによって画質の向上が行われていたり、女優と実際にセックスをしているようなカメラアングルで作品が作られているなど多くの人に人気が高まっています。

幼い女の子が出演する作品の特徴
多くの男性が好んでいるアダルト動画作品ですが、私達の暮らしている日本には世界で一番大きなAV市場が存在しており、多くの人に愛されています。私達が見るアダルト動画作品のジャンルにはたくさんのジャンルが存在しており、人妻や熟女やロリータ、女子高生などなど数えきれないほどたくさんのジャンルの作品が存在しています。
たくさんのジャンルが存在している日本のアダルト動画作品なのですが、たくさんのジャンルの中でも安定して人気が高いのがロリータジャンルの作品です。ロリータジャンルの作品に出演しているAV女優は少女のような見た目をしており、小さい女の子が好みの男性に人気が高いジャンルの作品です。

ロリータジャンルに出演している女の子は全員18歳以上です。日本ではAV(アダルトビデオ)などのアダルト動画作品に出演するには18歳以上でなければいけません。しかしロリータジャンルに出演しているAV女優は年齢を感じさせないほどの幼い見た目をしている女優が出演しています。
他のジャンルの作品のように女性としての美しさを持っているのではなく、少女のあどけなさを維持している女性が出演している作品が多く、基本的に黒髪で身長が低い女優が出演している作品が多いです。ロリータジャンルの魅力としては幼い女の子が悪戯をする子供のような目つきでエッチないたずらをしてきて、その行為に対してお仕置きをするシチュエーションの作品の人気が高まっています。
また、ロリータジャンルの女優に激しい陵辱を行うレイプ作品も人気が高いジャンルの作品です。レイプをする作品の特徴としては基本的に嫌がっている女優に無理やり男性器を挿入するなどの激しいプレイが行われている作品が多いのですが、ロリータジャンルの幼い女の子に行うことで何とも言えないドキドキ感を感じながら作品を楽しむことができます。

ロリータジャンルが誕生したきっかけとなったのが小説家ナボコフが執筆した「ロリータ」という作品が元になっています。この作品に登場する少女の名前はロリータと言うのですが、この少女へ成人男性が真剣に恋をするという作品です。最後は悲しい結末を迎えてしまう作品なのですが、当時は内容に関しての議論も多く行われており、一時期は出版禁止になることもありました。
現在では当たり前になったこの言葉ですが、ナボコフが作品を執筆しなければジャンルとして誕生することはありませんでした。そのため、ナボコフの残した業績は大きいです。彼がいなければこのジャンルが誕生することもなく、AV(アダルト・ビデオ)としてジャンルが定着することもありませんでした。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031